公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【場合の数】問題2

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

大、中、小の3つのサイコロを投げて、出た目の数の和が9になるような目の出方は何通りあるか。

  1. 20通り
  2. 21通り
  3. 24通り
  4. 25通り
  5. 27通り

想定問題


解答と解説

解答


解説

出た目の数の和が9になる3つのサイコロの目の組合せを書き出します。
書き出しのさいは、大きい数の順をおススメします。
(6,2,1)
(5,3,1)
(5,2,2)
(4,4,1)
(4,3,2)
(3,3,3)
以上、6組です。
それぞれ、大中小のどのサイコロの目であるかを考慮して、目の出方の総数を求めます。

1:目が3つ違う場合

例えば、(6,2,1)のとき

公務員数的処理KOMAROコマロ 場合の数  問題2 図1

これは順列の公式通りで、3×2×1=6(通り)です。
(6,2,1)、(5,3,1)、(4,3,2)それぞれに6通りずつあるので、
6×3=18(通り)あります。

2:目が2つ同じ場合

例えば、(5,2,2)のとき
5の目が出たのが、大なのか中なのか小なのか、で3通りです。
これは組合せの公式通りで、=3(通り)とも言えます。
(5,2,2)(4,4,1)それぞれに3通りずつあるので、
3×2=6(通り)あります。

3:すべて同じ目の場合

(3,3,3)のときだけなので、1通りです。

以上より、18+6+1=25(通り)です。


スポンサーリンク



→ 問題3 → 場合の数・標準トップに戻る

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP