公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【確率】問題8

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

AとBがあるボードゲームをします。AがBに勝つ確率は常に60%とします。先に3勝した方を優勝とするとき、Aが優勝する確率にもっとも近いのは次のどれか。

  1. 2/3
  2. 3/4
  3. 4/7
  4. 5/7
  5. 5/8

想定問題


解答と解説

解答


解説

Aが優勝するのは、Aの3勝、3勝1敗、3勝2敗の3つのケースがあり得ます。

①3勝

Aが3連勝する確率です。
〇〇〇
の1パターンです。
公務員数的処理KOMAROコマロ 確率 問題8 図1
となります。

②3勝1敗

はじめの3試合でAが2勝1敗、最後にAが勝つ確率です。
〇〇×〇
〇×〇〇
×〇〇〇
この3パターンです。

公務員数的処理KOMAROコマロ 確率 問題8 図2
となります。

③3勝2敗

はじめの4試合で、2勝2敗、最後にAが勝つ確率です。
〇〇××〇
〇×〇×〇
〇××〇〇
×〇〇×〇
×〇×〇〇
××〇〇〇
この6パターンです。

公務員数的処理KOMAROコマロ 確率 問題8 図3
となります。

以上より、Aが優勝する確率は
公務員数的処理KOMAROコマロ 確率 問題8 図4
となり、これはおよそ0.68なので、正解は選択肢1の2/3=0.66・・・となります。


スポンサーリンク



→ 問題9 → 確率問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

スポンサーリンク

PAGETOP