公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【発言推理】問題1

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

表に1、2、3、4、5、6の数字が書かれたカードが1枚ずつ計6枚、裏にして床に置かれています。A、B、C、Dの4人がそこから1枚ずつ、自分では書かれた数字が分からないようにカードを取りました。そして、4人それぞれが自分以外の3人に自分のカードの数字を見せました。
そこで、EがA、B、C、Dの4人に聞きました。
「現時点で、自分のカードが4人の中で何番目に大きいか分かる人はいますか。」
すると、Aだけが分かる、といいました。
このとき、4人が取ったカードの組み合わせとして考えられるものはどれか。

  1. 1,2,3,6 
  2. 1,2,4,6
  3. 1,2,5,6
  4. 1,3,4,6
  5. 1,4,5,6

想定問題


解答と解説

解答

2

解説

難しい問題ですが、今回は選択肢から選ぶ形式なので、1つずつ選択肢を調べていくことが早道です。

選択肢1について考察します。

6の人からみると、1,2,3が見えます。自分の数字は4,5,6のいずれかは確定しませんが、自分が1番大きいことが確定します。
3の人からみると、1,2,6が見えます。自分の数字は3,4,5のいずれかは確定しませんが、自分が2番目に大きいことが確定します。

これはAだけが分かったという状況とは異なるので、これが答えでないことが確定します。

同様の考察で、選択肢3、選択肢4、選択肢5が答えでないことが確定します。
選択肢3では、2と5の2人が分かります。
選択肢4では、誰も分かりません。
選択肢5では、1と4の2人が分かります。

選択肢2について考察します。

4の人からみると、1,2,6が見えます。自分の数字は3,4,5のいずれかは確定しませんが、自分が2番目に大きいことが確定します。
それ以外の人は自分の順位は判明しません。これが答えです。

よって選択肢2です。







スポンサーリンク



→ 問題2 → 発言推理トップに戻る

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP