公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【発言推理】問題3

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題3

先生がAとBの前に次の18枚のトランプをならべました。

  • ハート: 13 , 4 , 1
  • クローバー:13 ,12 ,10 ,7 ,6 ,4
  • ダイヤ:7 ,1
  • スペード:11 ,9 ,8 ,5 ,4 ,3 ,2

先生「私の好きなカードが1枚だけこの18枚の中にある。そのカードのマークだけAに教えるよ。そしてそのカードの数字だけBに教えるよ」 と言って、それぞれそっと教えました。下はそれぞれ教えらえた後の2人の会話です。

  • A「先生の好きなカードの数字はぼくにはわからないけど、Bも先生の好きカードのマークはわからないはずだよ」
  • B「確かにわからないけど。Aがそう言うということは・・・うーん、まだわからないな」
  • A「あっ!それなら先生の好きな数字がわかったよ。」

先生の好きなカードの数字はいくつですか。

  1. 1
  2. 4
  3. 7
  4. 11
  5. 13

想定問題


解答と解説

解答

1

解説

はじめにAが「Bもマークがわからないはずだ」と言ったのはなぜでしょうか。

もしBの聞いた数字が11だとします。11があるのはスペードだけなので、Bはマークがわかります。
つまり、1枚しかない数字をBが聞いたなら、Bにはマークがわかる、のです。
Aのはじめの発言は「Bは1枚しかない数字を聞かなかった」という根拠があるからです。

スペードとクラブには1枚しかない数字があります。Aが聞いたマークはハートかダイヤだったからこそ、はじめの発言になったのです。

このAの発言からBにはマークについての情報がもたらされます。
Aが聞いたマークは、ハートかダイヤです。
Bは自分の聞いた数字と、このマークの情報をもとにマークの特定ができるかどうか考えます。

  • ハート:13 4 1
  • ダイヤ:7 1

Bの持っている数字の情報が1のときのみ、Bはマークを特定できませんので、ここで「まだわからないな」という発言に至ります。

このBの発言からAは数字をと特定できました。







スポンサーリンク



→ 問題1 → 発言推理トップに戻る

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP