公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【順序】問題2

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

あるテストをA~Eの5人が受けた。彼らのテストの点数について、次のア~オのことがわかった。
ア AとBの点数の差は1点である。
イ BとCの点数の差は4点である。
ウ CとDの点数の差は3点である。
エ DとEの点数の差は4点である。
オ EとAの点数の差は2点である。
このとき、確実にいえることはどれか。

  1. Aは3番目に点数が高い。
  2. Bが3番目に点数が高いならば、最高点はEである。
  3. Cは最高点ではない。
  4. Dが2番目に点数が高いならば、最高点はCである。
  5. Eは4番目ではない。

想定問題


解答と解説

解答


解説

だれが何位なのか
あるいは
誰と誰で、点数が高いのは誰か

これらの情報がないため、線分図で表現することが難しいです。

このタイプの問題は、A(誰でもよい)をスタート地点とした樹系図による書き出し
が有効です。
以下のようにかいていきます。下図はCまで書いたところです。

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 順序 問題2 図1

さらにDまでかくと以下のようになります。
点線を対称軸として、上下でプラスマイナスの入れ替えれば対称になっていますね。
※これを利用すれば、上半分だけかいて解答可能です。

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 順序 問題2 図2

ゴールのEは、Aとの点差が2点なので、下図のようにしましょう。
DからEへの枝分かれをすべて書くのではなくて、うまくいくものだけを書くのです。

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 順序 問題2 図3

以上、樹系図より、4通りの可能性があることがわかりました。
順に書きだします。

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 順序 問題2 図4

前述の通りですが、①と④は符号の入れ替えをしただけのものです。
②と③も同様です。
樹系図は上半分だけを書いて、うまくいったものの符号替えも書けばOKです。

この表を見ても、選択肢の検討はやりづらいですね。
以下のように順位がわかるような表に書き換えます。

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 順序 問題2 図5

①と④、②と③は互いに順位が真逆になっています。

これを見ながら選択肢を検討すれば、選択肢5 Eは4番目ではない。
が正解とわかります。


スポンサーリンク



→ 順序 問題3 → 位置と順序 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

スポンサーリンク

PAGETOP