公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【命題】問題2

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

ある学生たちに対して、政治、経済、法律、歴史の4科目の履修状況についてアンケートをとった。その結果、次のア~エのことがわかった。このとき確実にいえるものはどれか。
ア 政治と歴史の両方を履修しているものはいない
イ 歴史と法律の両方を履修している者がいる
ウ 政治を履修していないものは経済も履修していない
エ 経済と法律の両方を履修している者がいる

  1. 3種類の講座を受講している者は、政治を履修していない。
  2. 政治と法律の両方を履修している者がいる。
  3. 2種類以上の講座を受講している者は経済を履修している。
  4. 政治のみを履修している者がいる。
  5. 法律を履修していない者は政治を履修している。

想定問題


解答と解説

解答


解説

論理式より、ベン図が向いています。
どちらが向いているかの判定は、
論理式を書こうとしてみて、あれ書きにくいな・・・
このような判定でOKです。
慣れてくればすぐにベン図向きであることもわかりますが、
こればかりは経験を積むしかありません。
あれどっちだろう?という経験を積んでいってください。

ベン図にしていきましょう。

分かり易い図からかいていきます。

イ 歴史と法律の両方を履修している者がいる

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 論理・命題  問題2 図1
斜線部に該当者がいます。

ウの対偶 経済を履修しているものは、政治を履修している

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 論理・命題  問題2 図2
対偶をとる前のウは
ウ:政治を履修していないものは経済も履修していない
なので、現時点で必ずいるといえる箇所は政治の外側、
つまり政治も経済も履修していないものが必ずいます。

この2つのベン図をアとエの情報で統合します。
ア:政治と歴史の両方を履修しているものはいない
エ:経済と法律の両方を履修している者がいる
重ねてよい部分はどこなのかに気をつけてかきます。
公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 論理・命題  問題2 図3
確実に該当者がいるのは斜線部です。

これを見ながら、選択肢を順に検討していきます。

1:3種類の講座を受講している者は、政治を履修していない

誤りです。政治、経済、法律を履修しています。

2:政治と法律の両方を履修している者がいる

確実にいます(そのものは、さらに経済も履修しているわけですが)。
この選択肢2が正解です。

3:2種類以上の講座を受講している者は経済を履修している

確実ではありません。法律と歴史を履修し、経済を履修していないものがいます。

4:政治のみを履修している者がいる

いるかもしれませんが、確実にいるとはいえません。

5:法律を履修していない者は政治を履修している

確実にそうであるとはいえません。
歴史のみを履修している人がいるかもしれません。


スポンサーリンク



→ 問題3 → 命題トップに戻る

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

スポンサーリンク

PAGETOP