公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【真偽】問題1

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

A~Cの3人兄弟がいる。兄弟に関する次の記述ア~オのうち、一つだけが正しく他はすべてうそであるとき、確実にいえるのはどれか。
ア 長男はAである。
イ 長男はBではない。
ウ 次男はAである。
エ 次男はCではない。
オ 三男はCではない。

  1. 長男はAで、次男はBである。
  2. 長男はAで、次男はCである。
  3. 長男はBで、次男はAである。
  4. 長男はBで、次男はCである。
  5. 長男はCで、次男はAである。

2005 特別区


解答と解説

解答

4

解説

アとイがどちらも長男に関する話題です。

ア 長男はAである。
イ 長男はBではない。
もしアが本当なら、イも本当になります。
正しいのは1つなので、アはうそとわかります。

同様に、ウとエに着目します。

ウ 次男はAである。
エ 次男はCではない。
もしウが本当なら、エも本当になります。
正しいのは1つなので、ウはうそとわかります。

アとウがうそなので、Aは三男と決まります。
このことから、オの発言が本当であることもわかります。

よって、ア、イ、ウ、エがうそです。
これをふまえてアからエの発言を見ていきます。
イ 長男はBではない。
イはうそなので、長男はBです。
残った次男がCです。

A 三男
B 長男
C 次男
であることが判明しました。
あとは選択肢を順に検討します。
よって、長男はBで、次男はCである、が確実にいえます。


スポンサーリンク



→ 問題2 → 真偽トップに戻る

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP