公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【数量推理】問題1

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

A~Dの4人が、次の図のような的にダーツを4回ずつ投げて、刺さった場所の数字が得点になるゲームを行った。この結果について、次のア~オのことが分かっているとき、確実にいえるのはどれか。ただし、ダーツが的を外れたことはなかった。

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 数量推理 問題1

  • ア:総得点は、Aが33点、Bが28点、Cが54点、Dが40点であった。
  • イ:CとDが投げたダーツは、10点に2回ずつ刺さった。
  • ウ:投げたダーツが同じ点数に2回刺さった人は2人いた。
  • エ:投げたダーツが同じ点数に3回刺さった人は1人いた。
  • オ:投げたダーツが同じ点数に4回刺さった人はいなかった。
  1. Aが投げたダーツは、20点に1回刺さった。
  2. Bが投げたダーツは、14点に1回刺さった。
  3. Cが投げたダーツは、14点に1回刺さった。
  4. Dが投げたダーツは、20点に1回刺さった。
  5. 投げたダーツが20点に刺さった人はいなかった。

2007 特別区


解答と解説

解答


解説

イとウより、投げたダーツが同じ点数に2回刺さった2人はCとDである。
suuryousuiri1-01
あと2回で合計34点なので、20点と14点に1回ずつです。
※この時点で選択肢を見ると、3が答えであることがわかってしまいます。

公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 数量推理 問題1
あと2回で合計20点なので、14 点と6点に1回ずつです。

ここまでわかっていることは
公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 数量推理 問題1

エとオより、投げたダーツが同じ点数に3回刺さった人が1人、すべて異なる点数に刺さった人が1人です。
ダーツの5か所の点数の和が53点なので、20点を除く4か所にささると33点です。
この33点がすべて異なる点数に刺さったときの最低点なので、これがAと決まります。

よって、Bが同じ点数に3回刺さった人と決まります。
Bは28点なので、10点に1回、6点に3回刺さったと決まります。

以上より、すべて決まりました。
公務員数的処理KOMAROコマロ 判断推理 数量推理 問題1

選択肢と見比べて、やはりが答えと決まります。


スポンサーリンク



→ 問題2 → 数量推理トップに戻る

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

スポンサーリンク

PAGETOP