公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【文章題】問題1

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

ある会場に椅子が並べられており、そのうちの1割に人が座っている。今、1分あたり5脚のイスを並べ、1分あたり7人が椅子に座るとき、10分経過後、会場内の椅子の6割に人が座っていた。
ここから、会場内のすべての椅子に人が座るまでの時間として、妥当なものはどれか。

  1. 14分
  2. 18分
  3. 22分
  4. 26分
  5. 30分

2011 地方上級


解答と解説

解答


解説

はじめ、X人の人が椅子に座っていたならば、並べられていた椅子の数は10Xです。

その後10分間で、50脚の椅子が追加され、70人の人が椅子に座りました。下図

公務員試験数的処理対策KOMARO 方程式 比 割合 文章題 問題1 図

このとき(10分経過時)、「全イスの6割に人が座っている」を立式すると、
(10X+50)×0.6=X+70
これを解いて、X=8(人)

より10分経過時点で、130脚のうち78人が座っています。つまり、この時点で空いている椅子は52脚です。
この後、1分ごとに、7-5=2(脚)ずつ空いているイスが減っていくので、
52÷2=26(分)です。







スポンサーリンク



→ 問題2 → 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP