公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【速さ】問題2

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

二つの振り子A、Bについて、ある一定時間T(秒)の間に何回往復するか調べたところ、Aは99回、Bは102回往復した。また、それぞれの振り子が10回往復するのに要する時間を調べたところ、その時間には0.30秒の差があった。Tはいくらか。ただし、振り子が往復する時間は一定であるとする。

  1. 99.00秒
  2. 99.51秒
  3. 100.00秒
  4. 100.49秒
  5. 100.98秒

2012 国税・財務・労基


解答と解説

解答

5

解説

Aは1往復102X秒
Bは1往復99X秒
T=99×102X秒   とおけます。

AとBの1往復の時間の差は3X秒なので、10往復の差は 30X秒です。これが0.30秒 なので、

30X秒=0.30秒
X=0.010秒
よって、T=99×102×0.010=100.98 と求まります。


スポンサーリンク



→ 問題3 → 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP