公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【速さ】問題3

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題3

長距離走大会にA、Bの2人が参加した。Aがスタートしてから3㎞地点にいたとき、Bは300m後方にいた。その後Aがゴールしたとき、Bは720m後方にいて、Aがゴールしてから4分後にゴールした。このときAがゴールした時間として正しいのはどれか。ただし、A、Bの2人は同時にスタートし、2人は終始一定の速さで走ったものとする。

  1. 20分
  2. 24分
  3. 28分
  4. 32分
  5. 36分

2009 地方上級


解答と解説

解答

5

解説

Aが3000m進んだとき、Bは300m後方、つまり2700m進んでいるので、
AとBの速さの比は、3000:2700=10:9です。
この2人が、スタートからゴールまで、同じ距離を進むのにかかる時間の比は9:10、その差1が4分にあたるので、Aは36分、Bは40分でゴールしたことがわかります。

公務員数的処理 方程式 速さ 問題3 図

※上記のように比を使って解答可能ですが、その他さまざまな要素を経由して答えに至ってもかまいません。
例えば、AがゴールしたときにBは720m後方にいるので、Aは7200m走ってゴールしています。
Bは残り720mを4分かけて進んだので、Bの速さは、720÷4=180(m/分)
Aの速さはBの速さの9分の10倍なので、200m/分
Aは7200mを200m/分で進むので、7200÷200=36(分)と求まります


スポンサーリンク



→ 問題4 → 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP