公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【濃度】問題3

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題3

食塩水Aと重さ1㎏の食塩水Bがある。食塩水Aの重さは食塩水Bの重さよりも軽く、濃度は食塩水Bが食塩水Aの5倍である。食塩水Aに水を入れて1㎏にしたところ、食塩水Bは食塩水Aの6倍の濃度になり、食塩水Aに食塩をいれて1㎏にしたところ、食塩水Aは食塩水Bの1.5倍の濃度になった。食塩水Aのもとの濃度は次のうちどれか。

  1. 0.5%
  2. 1.0%
  3. 1.5%
  4. 2.0%
  5. 2.5%

2010 市役所 


解答と解説

解答

5

解説

水を入れた食塩水Aを食塩水(A水)とします。A、(A水)、Bの濃さの比が書かれているので、これを下のようにまとめます。Bの濃さを5でも6でも割れる30Xとします。
Aと(A水)は溶けている食塩の量が同じなので、全体の量の比は濃さの逆比です。
よってAの全体は、1000×5/6=2500/3(g)です。

公務員数的処理KOMAROコマロ 平均と濃度 濃度 問題3 図

次に、食塩をいれたAを(A塩)とすると、濃さはBの1.5倍なので45X です。
入れた食塩の量は1000-2500/3=500/3(g)と求まります。

公務員数的処理KOMAROコマロ 平均と濃度 濃度 問題3 図

AとA塩の食塩に着目すると
50X+500/3=450X
よって、400X=500/3
Aのもとの濃度は6Xなので、6X=2.5と求まります。


スポンサーリンク



→ 問題4 → 平均と濃度 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

スポンサーリンク

PAGETOP