公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【 4:仕事算とニュートン算 】

LINEで送る
Pocket

仕事算ニュートン算も基本的には解法が確立された文章題といえます。

まずは定番パターンの仕事算・ニュートン算は確実に得点できるようにしておきましょう。

仕事算においては、全仕事量を仕事を終わらせる時間の公倍数におくことをお勧めします。計算が圧倒的に楽になるからです。
ニュートン算は邪魔の入る仕事算です。


スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサーリンク

探したい分野を簡単検索

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP