公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【ニュートン算】問題1

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

常に一定量の水が湧き出している貯水池からポンプを用いて水をすべて汲み出し、貯水池を一時的に空にする作業を行う。今、同型のポンプが複数台用意されており、この作業に要する時間は、ポンプ3台用いた場合は30分、4台用いた場合は20分かかる。この作業を10分で終えるためには、ポンプは最低何台必要か。なお、各作業開始時の水量は一定とする。

  1. 5台
  2. 6台
  3. 7台
  4. 8台
  5. 9台

2010 国家Ⅰ種


解答と解説

解答

3

解説

典型的なニュートン算です。これが基本形になるので、完璧にマスターしましょう。

ポンプ1台が1分で汲みだす量をXとおきます。ポンプがくみ出した量を線分図としてまとめると、問題文にある2通りの作業は下のようになります。はじめにある量と湧き出してくる量のすべてをポンプがくみ出します。

公務員数的処理KOMAROコマロ 仕事算とニュートン算 ニュートン算 問題1 図

10分で湧き出す量=10X がわかります。
よって、1分で湧き出す量=X
はじめの水量=60X 
と求まります。

10分で終わる作業
60X÷(?台の仕事量-X)=10分

より、?台の仕事量=7X です。ポンプ1台が1分で汲みだす量がXなので7台 と求まります。







スポンサーリンク



→ ニュートン算 問題2 → 仕事算とニュートン算 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP