公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【仕事算基礎】

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

基礎例題1

A1人で行うと10日、B1人で行うと15日かかって終了する仕事がある。この仕事をAとBの2人で行うとき、終了するまでにかかる日数はいくらか。 


解答と解説

解答

6日

解説

仕事算の最も基本的な形です。まずはこの問題で基礎固めをしましょう。

仕事算のコツは、「全仕事量」を「仕事のかかる時間」の公倍数におくこと、です。
※最小公倍数とおくことが一般的ですが、最小である必要はありません。

この問題では、10日と15日とあるので、10と15の最小公倍数である、30を全仕事量とします。

全仕事量を30Xとすると
Aの1日の仕事量は3X
Bの1日の仕事量は2X
となるので、
AとBの2人は、1日で5Xの仕事をします。

よって、30X÷5X=6  より6日で仕事が終わります。

もう1問、仕事算の基礎を確認しておきましょう。

基礎例題2

A1人で行うと12日、AとBの2人で行うと8日かかって終了する仕事がある。この仕事をB1人で行うとき、終了するまでにかかる日数はいくらか。


解答と解説

解答

24日

解説

先と同様に解きましょう。

この問題では、12日と8日とあるので、12と8の最小公倍数である、24を全仕事量とします。

全仕事量を24Xとすると
Aの1日の仕事量は2X
AとBの2人は、1日で3Xの仕事をします。

よって、Bの1日の仕事量は3X-2X=X
となるので、
24X÷X=24
より24日で仕事が終わります。







スポンサーリンク



→ 仕事算 問題1 → 仕事算とニュートン算 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP