公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【 3:商と余り 】

LINEで送る
Pocket

余りに関する問題は、合同式を題材としたものが基本となります。

合同式は聞き慣れない人も多いかもしれませんが難しくありませんので、きちんと理解しておきましょう。
もの凄く簡単に言うと、余りだけで計算してしまいましょうということです。その上で、様々なパターンの問題に触れておきましょう。
数に関する洞察力が試される良問も多いです。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサーリンク

探したい分野を簡単検索

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP