公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【 2:和と差・連続する整数の和 】

LINEで送る
Pocket

N個の整数のうち、M個を選んで和を取ると、通りの値が得られます。
この値からもとのN個の整数を求めるタイプの問題と、その亜流として差もとる問題を紹介します。

また、5+6+7=18 のように、連続する整数の和に関する問題もあわせてこのグループで紹介します。

連続する整数の和約数と関連があるため、約数・倍数・素因数分解のグループ内で紹介してもよいのですが、どこにカテゴライズにするのかに関してはあまり重要ではないと思います。


スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサーリンク

探したい分野を簡単検索

スポンサーリンク

PAGETOP