公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【真偽】問題4

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

A、B、Cの3人は、見た目では区別できませんがひとりが天使、ひとりが悪魔、もうひとりが人間です。
天使はいつも本当のことしか言わず、悪魔はいつも嘘しか言いませんが、人間は本当のこととウソのどちらも言います。
いま、3人がそれぞれ次のように言っています。

  • A : Bは人間です。
  • B : Cは悪魔ではありません。
  • C : Aは人間ではありません。

このとき、A、B、Cの3人はそれぞれだれですか。

  1. A:悪魔 B:天使 C:人間
  2. A:悪魔 B:人間 C:天使
  3. A:人間 B:天使 C:悪魔
  4. A:人間 B:悪魔 C:天使
  5. A:天使 B:悪魔 C:人間

想定問題


解答と解説

解答


解説

人間か人間でないのかが定まっても、あまり先に進みません。
人間は本当のこととウソのどちらも言うからです。

天使なのか悪魔なのかについての情報の方が使いやすいです。
よってBの発言から攻めましょう。

B : Cは悪魔ではありません。 が嘘だった場合

Cは悪魔です。

するとCは必ず嘘を言うので、Aは人間です。
そうなると、Bは残った天使になりますが、Bが嘘をついているのでこれは矛盾です。

よってBは本当のことを言っています。

Bが本当の発言だと確定

よって、Cは悪魔でないことが確定です。
つまり、Cは天使か人間です。
またBは本当のことを言っているので天使か人間です。
悪魔はBでもCでもないので、Aが悪魔で決定します。

Aが悪魔、Aの発言は嘘だと確定

A : Bは人間です。
が嘘なので、Bは天使と決まります。

よって、以下で確定します。

  • A:悪魔
  • B:天使
  • C:人間

答えは選択肢1となります。







スポンサーリンク



→ 問題5 → 真偽トップに戻る

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP