公務員試験数的処理の分かりやすい解説と問題を公開

【注目問題】ひもの巻とり

スポンサーリンク

問題

点Oを中心とする半径6cmの円板を3分の1に切った板がある。この板を下図のように、OPが地面と平行になるように点Oを壁にとめて、長さ20cmのひもPQをぶらさげた。いま、点Oを中心として毎秒20°の速さで反時計回りにこの板を回転させて、たるまないようにひもを巻き取っていく。ひもが巻き終わるまでに点Qが動いた長さはおよそ何cmか求めよ。

公務員数的処理KOMAROコマロ 注目 糸巻き 問題3 図1

  1. 20cm
  2. 22cm
  3. 25cm
  4. 27cm
  5. 30cm

想定問題


解答と解説

解答

4

解説

丁寧に図示をしていくしかありません。
以下 図N の中のQの位置はQです。
円周率は仮に3.14で計算してみましょう。

ここがスタート 反時計まわりに回転させます。

図1
公務員数的処理KOMAROコマロ 注目 糸巻き 問題3 図2
図2
公務員数的処理KOMAROコマロ 注目 糸巻き 問題3 図3
図3
公務員数的処理KOMAROコマロ 注目 糸巻き 問題3 図4
図4
公務員数的処理KOMAROコマロ 注目 糸巻き 問題3 図5
図5
公務員数的処理KOMAROコマロ 注目 糸巻き 問題3 図6
よって、9.42+9.42+8=26.84cm 移動しました。
選択肢と見比べると約27cmの移動が適切です。


スポンサーリンク








問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.