公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【濃度】問題1

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

甲、乙2種類の食塩水がある。甲3、乙1の割合で混ぜ合わせると濃度5%、甲1、乙3の割合で混ぜ合わせると濃度7%の食塩水が得られる。このとき、甲の食塩水の濃度に最も近いものは次のうちどれか。

  1. 2.6%
  2. 3.6%
  3. 4.6%
  4. 5.6%
  5. 6.6%

2003 裁判所事務・家裁


解答と解説

解答


解説

2つの解法を示します。

具体値をおく

甲     乙
900g + 300g = 1200g で  濃さ5%  溶けている食塩 60g
100g + 300g =  400g で 濃さ7%  溶けている食塩 28g

上の2つの混ぜ方でできた食塩水の差をとると、甲800gに食塩が32g溶けていることがわかります。よって、甲の濃度は4%、最も近いのは、3.6%なので、2が答えです。

てんびん図

甲の濃度をX%、乙の濃度をY%とする。
甲3、乙1の割合で混ぜ合わせると濃度5%

公務員数的処理KOMAROコマロ 平均と濃度 濃度 問題1 てんびん図

甲1、乙3の割合で混ぜ合わせると濃度7%

公務員数的処理KOMAROコマロ 平均と濃度 濃度 問題1 てんびん図

上の2つのてんびんの長さは等しいので、上の2つの図のてんびんを分けている1山は同じ大きさです。よって、以下のようになります。甲の濃さは4%、最も近いのは、3.6%なので、2が答えです。

公務員数的処理KOMAROコマロ 平均と濃度 濃度 問題1 てんびん図

公務員数的処理KOMAROコマロ 平均と濃度 濃度 問題1 てんびん図







スポンサーリンク



→ 問題2 → 平均と濃度 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP