公務員試験数的処理とSPI試験非言語分野の分かりやすい解説と問題を公開

【ニュートン算】問題4

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

問題

常に一定量の水を排水する穴の開いた水槽からポンプを用いて水をすべて汲み出し、水槽を空にする作業を行う。今、同型のポンプが複数台用意されており、この作業に要する時間は、ポンプ3台用いた場合は16 分、5台用いた場合は10分かかる。この作業をポンプ1台で行うとき、作業に要する時間はいくらか。
なお、各作業開始時の水量は一定とする。

  1. 30分
  2. 32分
  3. 36分
  4. 40分
  5. 45分

想定問題


解答と解説

解答


解説

普通のニュートン算とちょっと違いますね。穴は仕事の邪魔をしません。仕事を手伝います。

ポンプ1台が1分で排水する量をXとすると

公務員試験数的処理対策KOMARO 方程式 比 割合 仕事算 ニュートン算 ニュートン算問題4 図

2X=穴6分 なので、穴1分=X/3 です。
より、はじめの量=160X/3

はじめの量÷(ポンプ1台+穴)=答え なので
160X/3  ÷( X + X/3)=40分 です。







スポンサーリンク



→ ニュートン算 問題5 → 仕事算とニュートン算 問題一覧

問題と分かりやすい解説一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中学数学で穴のある人はこちら

スポンサーリンク

PAGETOP